読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万夜一夜物語

万夜一夜物語(よろずやいちやものがたり) 自分の思考や気持ちを整理して記載していくブログです。自分を前に進めるために、残していくために。

平成夢十夜 第二夜

こんな夢を見た。

 

携帯電話が鳴っている、見たことのない番号だ。

 

「はい」

「あなたは神を信じますか」

低い、落ち着いた男性の声だ。

私は答えた。

「私が神です」

「ふざけないで下さい」

少し早口になる。

「全くふざけているわけではありません」

「あなたは神を冒涜している!」

「冒涜しているのはあなただ、そう思わないのですか」

あいての口調が激しくなるが私は落ち着いた声で問いかけた。

 

「そんなことをしていると、神の罰が当たりますよ」

「それはあなたに伝えたいことです。よろしい、私が神である証拠をお見せしましょう。

これから10秒後、通話を続けていれば、あなたの電話機が爆発します」

「何を言っているんですか、ふざけるのもいいかげんにしなさい」

「10、9、8、7・・・」

「ふざけるな」

「4・・3・・2・」

私が1、というのと同時に電話が切れた。

 

電話番号通知でかかって来ていたので、こちらからかけ直そうかと思ったが、電話料金がもったいないのでやめた。

 

そのまま電話を見つめていると、電話が熱くなってきた。

もうすぐ爆発する、そう思ったので電話を窓の外に投げた。

 

電話は庭の薔薇の上で音を立てずに爆発した。