読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万夜一夜物語

万夜一夜物語(よろずやいちやものがたり) 自分の思考や気持ちを整理して記載していくブログです。自分を前に進めるために、残していくために。

Kindleのメモやハイライトを簡単に抽出・保存する方法(2016年最新)

AmazonKindleキンドル)を最近愛用していまして、そこでハイライトやメモを抽出して、まとめて読みたいと思い調べたのでその方法の紹介です。

いくつかググッてみたのですが、なかなかいい方法が見つからず、結局Amazonカスタマーサービスにチャットで問い合わせました。(非常にスムーズでした、チャットでの応対っていいですね)

で、そのやり方は非常にシンプルで簡単で、誰でもできますのでこちらでご案内します。

私はKindle voyageを使っていますが、それ以外のKindle paperwhiteとか、それ以外の端末でもできるはずです。

その方法は、KindleをPCに接続して、マイコンピューターから、Kindleをハードディスク・ストレージとして開く方法です。

Kindleをお使いの方ならご存知の通り、ハイライトやメモは「マイクリップ」に保存されています。
そして、Kindleをパソコン上から開くと、その中にマイクリップが「My Clippings」というファイル名で保存されています。ファイルの形式は通常のテキスト形式ですので、どんなPCでも開くことができます(メモ帳でも問題なく開けます)

これでKindleに保存されているメモやハイライトをそのままテキストファイルとして抽出できます、後は加工するなり、保存するなり、別のファイルに変換するなり、Evernoteに入れるなり、どこかのオンラインストレージに保存するなり、スマホに送って身近に携帯するなり、自由にすることが可能です。

 

他の情報を見ると
Amazon Kindle: Welcome
こちらからできる、というような記載のあるのですが、日本のアマゾンではこちらの機能には対応していないらしく、通常のアカウントからはキンドルの同期が確認できたとしても、こちらではKindleを利用していないことになってしまっています。

まあここでできようができまいが、どちらにしてもマイコンピューターから開くのが非常に楽です。元々同梱されていた付属のUSBケーブルを繋いでファイルをコピペして、テキストで開くだけですから。。。
拡張子もそのままなので、多分PCで設定されているエディタで読めるはずです)

開いたマイクリップはそのままだと書名や記録日時などが各メモについてきてしまって読みづらいので置換機能などを利用してコンパクトにしておくことをおすすめします。

なお、エクスポートしてみて初めて気づいたのですが、Kindleのクリップには書籍によっては上限が決まっており、それを超えたものは抽出できません、ご留意ください。

こちらの状況については、例えば

Kindleで「このアイテムのクリッピングの上限に達しました。」との表示が出た場合の対処を模索する(解決策まだ見つからず
こちらなどで記載されています、必要に応じてご参照いただくとよいと思います。

いずれにしてもこれが一番シンプルで簡単な方法だと思います。意外とWEBで調べられなかったのでこちらにまとめておきました。

これを元にみなさんのKindle・読書ライフがより充実したものになったら嬉しいです。