読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万夜一夜物語

万夜一夜物語(よろずやいちやものがたり) 自分の思考や気持ちを整理して記載していくブログです。自分を前に進めるために、残していくために。

google先生って言うけれど・・・(コンテンツの持ち主の方にも感謝すべし)

よくPC関連でわからない時など、例えばエクセルでやりたいことがあるけど、やりかたがパッとわからない時に、Googleで検索して、やり方を見つける。

こういう人は多いと思う。

 

で、これをGoogle先生に聞いてやった、ということが多い。

この前あった人もそうだったし、自分もそうだけど、エクセルを自力で身につけた方法について、「Googleで調べながら、身につけました」とう言い方をする。

 

でも、と今日ふと思った。

もちろんGoogleは過ごし、Google先生と呼ぶに値する。

Google無しにはエクセルを習得してくるのは、もっともっと大変だっただろうし、今後も何かわからないことがあればGoogleで検索して答えを見つけるだろう。

だからそういう意味で、困った際にすることは「Google検索」だし、「Google先生に聞く」で間違いない。

 

但し、実際にgoogleがしてくれるのは(ものすごく価値のあることではあるけれど)どのサイトのどのページに自分の悩みを解決するコンテンツがあるのかを教えてくれる、ということで、Googleそのものがコンテンツを持っているわけではない。

 

だから、厳密には、Google検索によってみつけたページによって学んで、身につけている、と言える。

 

そして、ついついGoogleで・・・と言ってしまうけれど、こういったコンテンツを提供してくださっている方々にはもっともっと感謝しないといけない、と改めて思った。

 

例えば、自分の場合、このインストラクターのネタ帳、というサイトには非常にお世話になっている。

インストラクターのネタ帳

非常に豊富な情報をわかり易くまとめてくださっていて、本当に有り難いサイトだ。

Googleのお導きで何度こちらに伺ったかは知れない。

 

改めてSimilar web(シミラーウェブ)でこのサイトを拝見すると、

検索からの流入が90%以上となっている。

そして検索ワードにも、エクセルやパワーポイントのHowに関するものが詰まっている。

訪問数も非常に多く、Similar webでは月間85万訪問ある、という数字になっている。

 

個人的な経験では、Similar webは数字が少なめにでる印象なので、もっと訪問数があるかもしれない。

 

Googleも本当に有難いけど、こういうサイトやそれを作ってくださっている方は本当に有難い。

 

改めて感謝。いつもありがとうございます。